一鍼堂の理念をここに記します。大阪府豊中市,江坂からもすぐそばの鍼灸院(針灸院)一鍼堂です。

一鍼堂の一鍼堂の理念

「痛み」、あらゆる症状の多くが、
内臓の弱りや変調から起こってきます。
これらの症状は、これ以上放っておいては危険だという
生体の「警報機」といえます。

巷で行われている痛みだけを止める行為は
警報機がうるさいからと壊してしまうようなもので
何の解決にもならないばかりか非常に危険です。

一鍼堂では、古来より伝わる四診や、
中医学、日本の古医術を駆使して
体の警告をしっかりと受け止めることで、
ただ「ラク」にすることだけではなく、
「根本的に治して」まいります。
どんな薬も自分自身を治そうとする力には及ばないのです。

一鍼堂で使用する鍼の種類

毫鍼
一鍼堂でメインで使用する鍼です。いわゆる刺すのに用いる鍼。
一鍼堂では使い捨てのディスポ鍼を使用。
金、銀、ステンレス、コバルト等多くの素材を使い分けます。
一鍼堂では、特に細い髪の毛ほどの針を使用するため、刺入時の痛みもほとんどありません。
クリック
テイ鍼
刺さない鍼、かざして治療します。刺さないので無痛です。
過敏な方、気の流れの速い方、
お子様には著しい効果があります。
クリック
打鍼
刺さない鍼、腹部の虚実を診る
腹診術という診断法がありますが、この腹診をしたのち、腹部の気の停滞を捌(さば)くのに用いるもの。
先の丸い鍼を皮膚に当て、小槌で叩き、響かすことで治療します。
安土桃山時代、御園意斎によってあみ出された日本独特の鍼術。刺さないため、無痛で行えます。
クリック
灸
もぐさをひねり点火して治療します。直に燃やしきる透熱灸と
途中で止める知熱灸があり、
東洋医学でいう気虚、陽虚証に
よく用います。昔、行われた特大のお灸や市販の出来上がった灸(せんねん灸など)は用いず、患者様の状態を1人1人診て、元のもぐさの状態から手作業で作りあげて参りますので、お灸が熱くないように工夫することも可能です。
クリック