病院で治らなかった間質性肺炎,肺繊維症を鍼灸(針灸)で克服しよう!/大阪の鍼灸院 (針灸院)一鍼堂

大阪 鍼灸院(豊中市) 一鍼堂 >体験談と症例集>間質性肺炎,肺繊維症の漢方鍼灸症例集
神戸三宮院

間質性肺炎,肺繊維症の鍼灸治療症例集

※ここでは間質性肺炎,肺繊維症に対する
一鍼堂での鍼灸治療の症例を紹介いたします。
巷では症例集と称し、宣伝まがいの自作自演の
内容を多く見かけますが、
当院では、紹介するすべての内容が
事実に基づいた内容であることをここに明記し、
紹介させて頂きます。


 

大阪府吹田市津雲台在住 N.Sさん 70代 男性 無職

大阪府吹田市津雲台在住 N.Sさん 70代 男性 無職
主訴:肺繊維症

2005年9月から肺繊維症発症。
肺胞が繊維化し呼吸に支障をきたし、
咳、息切れ、呼吸不全、心不全等を引き起こす病気。

2007年5/22来院。
N.Sさんは、寒冷刺激や温度差があると
体調を崩しやすく、夕方以降に咳多し。
外出時には酸素吸入器がないと、息切れを起こす。
切経にて三里、衝陽、公孫、照海に虚の反応あり。
脾腎の陰虚と考察し治療。

初診日の夜から咳き込み、夜間尿が消失。
3診目からは週に3回程来院していただく。
治療間隔が2~3日間空くが、
夜間の咳はなく、目のかすみも消失していた。
酸素吸入器を付けたまま散歩したが、
以前のような息切れも徐々に減ってきた。

9月初旬からは酸素吸入器なしで散歩が出来るようになり、
10月には酸素飽和度も98%と正常値になった。
10月をもって治療を卒業していただきました。

2008年3月、「今年の冬は寒かったが体調良かった。」
とご連絡いただきました。

 

他の間質性肺炎,肺繊維症の症例は、
現在作成中です。
お待ち下さいませ。

病院で治らなかった間質性肺炎,肺繊維症を鍼灸(針灸)で克服しよう!/大阪の鍼灸院 (針灸院)一鍼堂
間質性肺炎,肺繊維症の漢方鍼灸症例集
間質性肺炎,肺繊維症

この症状の治療体験談

    間質性肺炎肺繊維症
    体験談・症例集一覧に戻る